寮付き求人.com ホーム 【お役立ちコンテンツ】やりがいは誰がくれる?

こんにちは。見た目はおじさん、中身は若者の寮付き求人.comの兼松です。
 

仕事の悩みが変わる?


突然ですが50代のみなさん、最近「仕事の悩み」って若い時とは違ってきていませんか?30代、40代は、まずは収入が気になったかと思います。しかし、いい意味でも悪い意味でも先が見えてきた50代になってくると、

 

「仕事にやりがいが見つからないな~」と悩んだり、

「同世代の他の人はどうしてるんだろう?」なんて急に気になったり、

 

考え始めるとモヤモヤしだいて頭から離れず、モチベーションまで下がり気味・・・。なんていうことが、40代~50代にはあるようです。

 

年代で変わる仕事への価値観


国の調査データでも、50代は「仕事のやりがいに悩んでる」と出てます。まずはこのグラフを見て下さい。

(引用:厚生労働省|平成20年版 働く人の意識と就業行動)

 

年代別の働く目的を調査した世論調査結果です。働く目的がお金を得るためである者の割合は、20歳台から50歳台にかけて高く、それ以降急激に低下します。特に、30〜40歳台前半が高いですね。

 

これに対し、「生きがいをみつけるため」は、40歳台後半から次第に高くなり、60歳台になると、お金を得るためとほぼ同じかそれを超える水準となっている。20代、30代は働く目的は「お金を得るため」がダントツの1位です。夢も希望も無い話ですが、本音はみんなこれですね。

 

40代になると「お金を得るため」は下がり始めます。ずっと最下位だった「生きがいをみつけるため」が年齢を重ねるごとに上昇。なんと55歳以降では1位になります。

 

逆を言うと「生きがいをみつけるため」に働いているのだから、その生きがい、つまり「やりがい」が見つからないと50代は仕事が辛くなってくる訳ですね。

 

まとめ


50代になると、多くの人が働く目的が「お金のために」から「やりがいをみつける」に変化します。一般的には経済的なゆとりが出来るタイミングだからですが、同時に仕事に新しい刺激が無くなりマンネリ化していくのも原因です。

 

 

「やりがい」は外から与えられるモノではありません。 小さな事からで良いので、やる気を出して自分自身で目標を設定し、それを達成したときに感じるものです。さらに、他者からの感謝や喜びにもとづいた達成感は強く心のモチベーションをあげていきます。

 

現在の年齢がいくつかに関わらず、今からほんの少しだけ「やる気」を出して「やりがい」につなげてみませんか?

きっと自分自身だけで無く、まわりの人たちにも喜んでもらえる幸せなサイクルが始まると思います。

 

「やりがい」について「会社が~」「部下が~」「お客さんが~」と愚痴る前に、騙されたと思って一度やってみて下さい。

 

ポイントは小さなことから始める事です。

小さな「やりがい」作りを応援しています。

 

ではまた!

 

キープ中のお仕事

0件

お仕事ピックアップ

長期的に働ける無期雇用の仕組みができました!

お仕事検索

pageTop